シャーププラズマクラスタードライヤーIB-WX2の口コミ評価をレビュー!価格も調査

美容家電
スポンサーリンク

シャープよりプラズマクラスタードライヤーIB-WX2が2021年5月27日に発売となりました☆

この記事では2021年6月1日現在確認できる口コミ評価を、商品の特徴や価格と共にレビューしていきます。

IB-WX2は発売間もないため口コミ数もまだ少ないのですが、2019年に発売された旧型IB-WX1のレビューが高評価であることからツイートなどでも期待度はかなり高めとなっています☆

また、現時点でのシャーププラズマクラスタードライヤーIB-WX2の価格についても調査してみました。

早速みていきましょう♪

シャーププラズマクラスタードライヤーIB-WX2をみてみる▼

2019年発売の【旧型】IB-WX1と2021年発売の【新型】IB-WX2の違いについてはこちらの記事で詳しく比較しています▼

IB-WX2の口コミ評価をレビュー

シャーププラズマクラスタードライヤーIB-WX2は発売間も少ないため口コミ評価もまだ数件のみ。

今後口コミが上がってきましたら徐々に追記していきますね^^

ここからはIB-WX2の特徴をチェックしながら、現時点であがっている口コミと合わせてご紹介していきます。

風量とドレープフローの速乾力


小槌のような独特な風貌は変わらず、2口に分かれた風の吹き出し口の開口率をアップしたことで、風量がアップしている。
数値上の違いは、約1.1m3/分から約1.2m3/分(ターボ運転時)だが、メーカーが謳うとおり、確かに乾燥時間がアップしていることを実感。

価格.com

IB-WX2の大きな特徴はなんといっても速乾性。

その秘密は、髪を速く乾かすためにプロの美容師さんたちがドライヤーを2台使うテクニックにヒントを得て開発されたドレープフローにあります。

ドレープフローは、通常一つだけの吹き出し口を二つにすることによって、風に当たった髪がドレープのように動くことからこのようによばれています。

このドレープフローの技術によってより広範囲に温風が浸透。

今までにない速乾性が可能になりました。

(動画内では旧型のIB-WX1でのご紹介となっていますが、IB-WX2も同じ機能が搭載されています)

ご参考までに、下記の画像はIB-WX2と旧型IB-WX1の吹き出し口。

新型IB-WX2の吹き出し口は面積が広くなっているのがわかります。

これによって乾燥までの時間も旧型に比べ短くなりました。

IB-WX2

IB-WX1とIB-WX2の違いについては別立てで記事にしていますので、ぜひ参考にされてください^^

運転モード

 IB-WX2の運転モードは下記の5つ。

  • センシングモード
  • ビューティーモード
  • ホット
  • 地肌
  • アプリ

このうち、旧型IB-WX1でも口コミが多く特徴的な「センシングモード」に関して、

「IB-WX2では反応がよく精度が上がっている!」

という口コミがあがっています。


本製品の従来からの魅力は、なんと言っても”センシング”機能。
<中略>
実はこの機能に関しても、従来モデルよりも反応が速くなったと試してすぐに感じた。
メーカーに確認したところ、やはり精度がアップしているとのこと。

価格.com

センシングモード

通常ドライヤーを頭に近づけるにつれて髪に与える熱の温度は高くなりますが、センシングモードでは、距離センサーが髪との距離を感知。

距離に合わせて風の温度が55℃以上にならないようにコントロールします。

旧型との違いとして公式にセンシングモードの精度の違いは明記されていないので、これは実際に使用し感じた方のコメントがかなり参考になるポイントですね。

重量

IB-WX2の重量は590g。

旧型のIB-WX1は610gで口コミでは

「思ったよりも重かった。。」

というコメントが多くありました。


他にも使ってすぐに実感した、前モデルとの違いは重量。
約610グラムから約590グラムと20グラムも軽くなっている。
従来モデルの時から、ノーズ部分が短いせいもあり、重心バランスがよく、サイズの割に重さはあまりと感じてはいなかったが、少しでも軽くなったことでやはり使用感は快適。

価格.com

やはりほんの20gでも軽くなると感じ方は違うんですね。

このコメントをされた方はフリーランスのライターさんで、旧型IB-WX1と比較したIB-WX2の使用感をレビューしてくださっています。

ただ、比較対象である旧型の重量を知らない場合はIB-WX2でも重く感じる。。という方もいらっしゃるかもしれません。

カラー展開

IB-WX2のカラー展開は下記の2色となっています。

  • キャメルピンク
  • ソルベホワイト

マットな光沢感と小ぶりなデザイン。

ドライヤーとは思えない高級感があります☆

スマホ連携アプリ機能

IB-WX2は、好きな温度×時間を自分の好みに合わせて自由にカスタマイズできるアプリ機能を搭載。

ドライヤーもスマホで操作する時代なんですね^^;

温度は冷風から高温までの7種類、時間は1秒から30秒まで1秒刻みで選択が可能になっています。

IB-WX2専用5つのドライモードの順番をカスタマイズ

通常は、上でご紹介した下記の5つの運転モードが

「ホット」→「センシング」→「ビューティー」→「地肌」→「アプリ」

の順番で切り替わります。

IB-WX2ではこの順番を自分好みに変えたり、使わないモードはスキップしたりと、自由にカスタマイズできるようになりました。

シャーププラズマクラスタードライヤーIB-WX2をみてみる▼

シャープドライヤープラズマクラスターIB-WX2の価格

2021年5月27日に発売のIB-WX2の価格ですが、2021年6月1日時点で価格.comにて確認した最安値は、「キャメルピンク」「ソルベホワイト」共に

33,800円(税込)

となっています。

価格は取り扱いショップや時期によってかなり変動しますので、目安として参考にしていただければと思います。

最新機能搭載とは言えなかなかのお値段ですよね。。

ご参考までに、2019年に発売された旧型のIB-WX1の初値は33,573円

2年経った現在の最安値が20,700円と推移していますので、

「ドライヤーはいつか買い換えたいけれど、特にいそぎではない」

という場合は、もう少し価格の推移をチェックしながら様子をみても良いかもしれません。

Amazonでもっとお得にお買い物♪

Amazonでお得にお買い物ができる

アマゾンチャージ

をご存知ですか?

ご自身のアマゾンアカウントに事前入金しておくことで、入金金額によって最大2.5%のポイント還元されるというもの。

普通にお買い物するよりも断然お得です☆

商品ご購入前にぜひ詳細チェックしてみてくださいね^^

アマゾンチャージ詳細はこちらから☆

シャーププラズマクラスタードライヤーIB-WX2の口コミ評価まとめ

ドライヤーも単に髪を乾かすものから、使うほどに髪や地肌がケアされる美容アイテムという感じになってきましたね。

これから口コミが増えてくること間違いなしの商品ですので、確認でき次第こちらの記事に追記させていただきます。

シャーププラズマクラスタードライヤーIB-WX2をみてみる▼

2019年発売の旧型IB-WX1と2021年発売の新型IB-WX2の違いについてはこちらの記事で詳しく比較しています▼

タイトルとURLをコピーしました